筋トレと食事

筋トレに向いている食事を知っていますか?筋トレに悪影響な食事を知っていますか?食事を買えると効果も変わるかも!
MENU

食事で決まる?!筋トレに最適な食事とダメな食事。

筋トレを補助する食事は、筋肉を作る基礎となりますし、良い影響の食事は適度な筋肉アップのサポートとなります。

 

トレーニングだけでは希望の到達ができないのは、そのベースの栄養素が足りないためであり、日常の口にする食材こそがベースを作る基礎です。

 

 

糖質と必須アミノ酸はとラーニング前に摂取するべき栄養であり、プロテインドリンクなども役立ちます。

 

運動後には45分以内に、体内にタンパク質を入れるのは良いことであり、体の基礎は栄養バランスが取れた日々の献立に尽きます。

 

筋肉に悪影響の食事は、好む人も多いジャンクフードです。

 

食べ過ぎてしまうことで、筋肉が順調の発達をすることを、阻害してしまうので良い影響とは言えません。

 

ジャンクフードの定義は、とても曖昧とは言えます。
栄養価のアンバランスな食品であり、健康にも良いとは言えない太りやすい食べ物ばかりです。

 

塩分と糖分、脂質がたくさん含まれている食品であり、安価で美味しいと感じやすく、お腹いっぱいになります。
ですが、カロリーが多いばかりの食べ物なので、栄養はほとんどありません。

 

 

ファーストフードの代表格でもある、ハンバーガーにフレンチポテト、ケーキにドーナツ、ポテトチップスなどもそのたぐいです。

 

飲み物では清涼飲料水には要注意であり、砂糖が大量に添加されると、それもジャンクフードになります。

 

おすすめの筋トレ食事メニューとして、タンパク質と炭水化物をたっぷりと使用します。

 

タンパク質は、体重あたりで3グラムを目安にして、炭水化物はその倍の量です。

 

麹入りのハンバーグを作るのも良いのは、つなぎをパン粉ではなく、麹にすることができるためであり、植物性タンパク質を多く摂取がでいます。

 

編みのスコアを調整するのに良いため、麹をあえてハンバーグに使います。

 

鶏肉をステーキでいただくのも良い食べ方であり、トレーニング効果を高めるためにも、鶏肉料理は献立に入れたい食材です。

 

一緒に海老と野菜の板獲物を一緒に食べると良いのは、良質なタンパク質を同時に摂取できるためです。

 

 

 

減量期のトレーニングメニューとして、鶏胸肉の照り焼きも重宝をします。

 

鶏肉の皮はあえて除去して、鶏胸肉だけの良質なタンパク質をいただきます。

 

茹でたササミはカロリーも低く、食べごたえもあって、それでいて質の高いタンパク質を摂取ができる食べ方です。

 

高タンパク質で低カロリーな、刺身を食べるのも良いことであり、海鮮丼にしても食べやすくなります。

このページの先頭へ