筋トレの頻度

筋トレを行う最適な頻度を知っていますか?あなたは、毎日筋トレをやっていませんか?効率的な頻度を知っておきましょう。
MENU

筋トレの頻度はどのくらいのペースがいいのか?毎日やってもダメ!

筋肉は使えば使うほど鍛えられていくので、筋トレも毎日やった方がいいし、負荷も重くしてやった方が効果的だと思われていました。

 

しかし、筋肉は使えば使っただけ鍛えられていくのも確かですが、それ以上に疲労をためてしまって筋肉の強度を強くするのを阻害してしまうということも判明しています。

 

どういったことなのかというと筋肉は疲労します。

 

大きな負荷がかかると筋肉が切れてしまったりするのですが、それが修復されることによってより強度な筋肉へと生まれ変わっていくのです。

 

ですから、毎日筋肉をいじめ抜いてしまうと、疲労ばかりが蓄積されてしまいます。
すると、なかなか筋肉が修復されないということになってしまいます。

 

 

ですが、筋トレをしない日を作って筋肉を休ませてあげる期間を作ると、筋肉はその間に驚異的な回復を見せるのです。

 

これを超回復というのですが、この超回復をうまく利用して筋トレをしてあげるようにすると、連続してやるよりも効率よく筋肉を鍛えることができるのです。

 

 

では、どれくらいの頻度で筋肉を鍛えて、どれくらいの期間休ませてあげればいいのでしょうか?

 

筋肉の回復にかかる時間はだいたい48時間から72時間ほどだといわれています。

 

 

一日しっかりと筋トレをしたら、二日から三日開けて、また筋トレを行えばいいというわけです。

 

つまり、週に二日ほどトレーニングをすれば筋肉をどんどん鍛えていけるという計算になります。

 

しかし理論上は、超回復にかかる期間というのはわかっていますが、本当にその通りなのかというと多少の疑問があります。

 

それは、超回復が必要ほどトレーニングをしているのかどうかによって変わってくるからです。

 

例えば、ボディビルダーのように徹底的に筋肉をいじめ抜いて鍛えているような人は、トレーニングをしたらしっかりと筋肉を休めてあげることで超回復してどんどんと鍛えていくことができます。

 

 

しかし、自宅で軽く腕立てや腹筋を始めたという人の場合は、そこまで筋肉に負担がかかっていないので、回復までの時間もそこまで必要がないからです。

 

 

ですが、毎日筋トレをするのはやはり疲労を蓄積させてしまうので、一日おきにするなど頻度はトレーニング方法などによっても変えていく必要があります。

 

 

特に器具を使わないで、自重でのトレーニングをする場合や回数をそれほど多くこなさない場合には、休憩する時間も短くても大丈夫です。

 

 

筋肉痛にならないくらいの頻度で行うと効率よく鍛えていくことができるので、自分の身体と相談しながら行っていきましょう。

このページの先頭へ