腹筋で腰痛

腹筋を鍛えるつもりが、腰痛になってしまった。一体なぜ?原因は、腹筋のトレーニング方法にありました。腰痛にならない方法とは?
MENU

腹筋を鍛えるつもりが腰痛に…。原因はトレーニング方法にあり!

「腹筋を鍛えたい。」
様々な理由があると思いますが、誰もが一度は挑戦したことがあるのではないでしょうか?

 

そして様々な理由で断念してしまうというのも、誰もが一度は経験があるのではないでしょうか?

 

その中でも腰痛が原因で断念したという方もいらっしゃると思います。

 

なぜ腹筋を行うと腰痛になってしまうのでしょうか?

 

腹筋運動、つまりお腹の筋肉を鍛えるトレーニングで最も一般的なのが、仰向けの状態から上半身を起き上がらせるシットアップと言われるものです。

 

このシットアップというトレーニングは手軽に行えますが、同時にやり方を勘違いして行っている方もたくさんいらっしゃいます。

 

仰向けの状態から上半身を持ち上げた際にどの筋肉が使われているのかを確認してみると、腹筋が使われているのは上半身を持ち上げ始めた最初の段階のみです。

 

その後、上半身を持ち上げる際には、太ももや腰の筋肉が使われています。
これに気付かずに何度もシットアップを続けることは腰に負担を与え、腰痛の原因になります。

 

また、腰を曲げた状態で荷物を持ち上げようとした際にぎっくり腰になることがあります。
これは腰が曲がった状態で力を加えた結果、骨に負担がかかることが要因の一つとなります。
そのため腰をまっすぐ伸ばした状態で筋肉を正しく使い、腰に負担をかけないことが重要です。

 

シットアップによって腹筋を鍛える際は、軽く顎を引き自分のへそを見るようなイメージで、上半身を数センチ持ち上げて戻します。
そうすることによって腰に負担を与えることなく腹筋を鍛えられます。
膝を曲げて足を持ち上げた状態で行うことで、さらに効果的に腹筋を鍛えることができます。

 

もう一つ腹筋を鍛える方法をご紹介させて頂きます。
足を軽く伸ばし、今度は逆に下半身をゆっくり持ち上げて下ろします。
それを繰り返すことで、主に下の方の腹筋を鍛えることができます。
足を降ろす際に床に足をつけずに行うことで、さらに効果が上がります。

 

トレーニングを行う際に、つい回数をこなすことを優先してしまいがちですが、正しいフォームで効果的に筋肉を使うことが重要です。
回数を増やそうとすることによる疲れからフォームが崩れ、その結果腰などに負担がかかり痛みの原因となります。
1セットの回数が10回や20回などと紹介されているのをよく見ますが、無理に回数をこなすのではなく、正しいフォームで行えるギリギリの回数を行えば十分なのです。

 

さらにトレーニング後の筋肉痛にも気をつけましょう。
筋肉痛は運動したという満足感を与えてくれるかもしれませんが、筋肉にとっては良いものだとは言えません。
お腹は上半身を支える重要な部分であり、筋肉痛になってしまうと体制が崩れてこちらも腰の負担になりかねません。

 

腹筋を鍛えようとして腰痛になってしまっては元も子もありません。
トレーニングの際には、自分の出来る範囲でペースを守り、正しいフォームを心がけるように注意しましょう。

このページの先頭へ