腹筋を最短で

腹筋を最短で鍛えるには、2つの方法があります!あなも最短で腹筋を鍛えたいのなら必見!!
MENU

腹筋を最短で鍛えたい!短期間で行うには2つの方法あり!

短期間で腹筋を効率よく鍛えるにはどんな方法が効率的なのでしょう?
できれば、早く腹筋を鍛えたいですよね。

 

一般的に、シットアップが腹筋を鍛える方法としてあります。

 

シットアップとは、仰向けに横になり、足首辺りを抑えてもらいながら上半身を起こす運動と言えば想像がつくと思います。

 

部活動等で実際にシットアップを行う事で、お腹周りに筋肉がついた男性は多くいると思います。

 

しかし、シットアップを行う事で腹筋を鍛える事は出来ますが、効率は良いとは言えません。

 

 

効率よく腹筋を鍛えられる方法とは、クランチと呼ばれる鍛え方です。

 

クランチ

クランチのやり方としては、
@膝を立てて仰向けに横になります。この時両手は組んで頭の後ろに回します。

 

A膝が90度になるまで、片方ずつ足を持ちあげてキープします。この時の注意点は、足の力を使わないことです。
また、足を持ち上げる時とその状態をキープする時も、腹筋の力を使って行います。

 

B足を持ち上げ、その状態をキープしたら、その状態で頭→上半身の順番に起こして体を丸めます。この時、体を丸める時は息を吐きつつ腹筋を意識し、両手で頭を押し上げないよう注意します。

 

C上半身→頭の順番で元の状態に戻して、反対側も同じように鍛えましょう。
足を上げている状態がきついと感じるのであれば、スポーツ用品店等に売ってあるチューブを使うと良いです。
チューブを使う時は、両方の足の裏に引っかけて両手で持ちます。

 

D上半身を倒し、両足は膝が90度の姿勢を維持しながら、腹筋の力だけで上半身を起こします。

 

この方法ですと、チューブを使う使わないを問わず、10回1セットとして一日に2セットする事で、効率良く腹筋を鍛えることができます。

レッグアップリフト

今説明したクランチでも余裕があるのであれば、レッグアップリフトという方法もあります。

 

@両手を体の横に置いて仰向けに横になり、腹筋の力だけで両足を高い位置まで持ち上げます。

 

A両足を持ち上げたらゆっくり倒して、それを繰り返しましょう。

 

このレッグアップリフトは高い負荷をかけることができるので、クランチよりも効率よく腹筋を鍛えることができます。

 

腹筋は正面の腹直筋を鍛えることも大切ですが、脇腹の腹斜筋や背中の背筋なども鍛えることが大切です。

 

このような筋肉トレーニングを行う時は、その筋肉ばかりを鍛えようとするのではなく、その周りの筋肉のバランスを考えると効率よく理想の体型になるでしょう。

 

しかし、効率よく腹筋を鍛えるには、筋肉トレーニングだけでは効果が薄いです。

 

筋肉トレーニングでの効果を最大限発揮させるには、普段の生活でもお腹周りを意識しておくことも大事だと言えます。

 

また、食生活にも気を配る事も重要となってきます。
特にタンパク質は積極的に摂取する事で、代謝が上がり、筋肉トレーニングの効果をさらに発揮する事が出来ます。

このページの先頭へ